黄砂で花粉症が悪化する?春の時期気を付けたい健康情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

春になると日本人の大半を悩ませるのが花粉症…。ですが、ここ数年は『黄砂』や『PM2.5』も加わり、アレルギーが悪化するのではないかと心配な方も多いのではないでしょうか?

そこで、『黄砂』と『花粉』の具体的な違いなどをまとめてみました。ご不安を抱えた方の手助けになったらうれしいです。

そもそも『黄砂』って?

andean-74781_640

黄砂は文字通りの砂ではありますが、これは通常国内で舞い上がるものとは少し違い、中国内陸部にある砂漠から飛んでくるものなのです。

そして、砂だけで飛んでくるうちは体に強い害もないのですが、空中を漂っている間に微生物やウイルスが周りに付着してしまうことで有害なものになっていきます。

花粉と黄砂の違いは、大きさ?

133831

花粉は植物の胞子、黄砂は砂という大きな分類の違いのほかに、実は字だけではわからない違いがあります。それは目で見てもわからない、、顕微鏡で見ないとわからないほどの大きさの違いなのです。

まず日本人が一番持っているアレルギーの根源であるスギ花粉、こちらの大きさは30㎛(0・0mm)mmの単位で示すと、何となく身近にありそうな気がする数字ですね。

一方、黄砂の粒は4㎛(0・004mm)。mmの単位で表しても想像がつかない小ささですね。

黄砂への対策は、花粉への対策と同じ!

9e5cc42945ef5d8e7f7d84bfb1900d87_s

黄砂自体は有害でなくても、付着した微生物やウイルスで体調を崩すことがあります。黄砂が体内に入ることで、咳、喉の痛み、肺炎、頭痛、熱などを引き起こしやすくなります。

この不快な症状を防止するのは、花粉対策と全く同じ。

つまり、ここから書き連ねる花粉対策をすれば、同時に黄砂へも対策ができるのです。

まずはもちろん『マスクをして体内に取り込まないようにする』こと。これは一番スタンダードでお金のかからない方法です。

次は『空気清浄器・加湿器を使う』ことです。空気清浄器はもちろんですが、私は加湿器もお勧めしています。春になるとなかなか働かせることがなくなりますが、五月ごろまで稼働させることで喉を守ることができる気がします。

最後は『洗濯物は部屋干しに』です。外に干すと、干したての洗濯物にさえ花粉や黄砂が…。

せっかく洗った洗濯物がまた世不語れてしまうだけでなく、部屋の中に取り込むことで、きれいだった室内の空気さえ汚してしまうことに。洗濯物は部屋干しにし、この間は加湿器を止めるようにすれば乾きやすくなりながらも、湿度を保つことができます。

http://panasonic.jp/airrich/kafun/?gclid=CIT1kZn1v8QCFRVxvAod2YoApw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。