2015ゴールデンウイーク、国内旅行は長崎がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2015のゴールデンウイーク、どこに行こうか?と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
私のおすすめスポットは長崎です!その魅力を紹介させてください。

妖怪ウォッチイベントも!テーマパーク『ハウステンボス』

img31053990zik3zj
画像はハウステノボス春のチューリップ祭へ行こう!より転載

長崎と聞いて最初に思い浮かぶ場所の一つが『ハウステンボス』だと思います。
今年も引き続き、イルミネーションイベントの『春の光の王国(4/14-6/30)』がゴールデンウイークの五連休と被って開催されます。

また、5/7と5/8に休みを取って九連休という方は『11万本のバラ祭り(5/8-6/8)』も同時に楽しむことが可能です。

そして、ハウステンボスが春休みからゴールデンウイークの期間である3/7-5/6に開催するメインイベントが『妖怪ウォッチぐるぐる冒険隊』です。
このイベントでは、アニメの主人公ケースケと同じように、妖怪ウォッチを装着しハウステンボスの中に隠れた妖怪たちを集めることができます。
入場料とは別に、参加料が一人700円かかりますが妖怪ウォッチが好きな子供にはたまらないイベントになるでしょう。
また、ジバニャンやウイスパーが登場し、写真を一緒にとることもできるそうです。

歴史を学んで、平和について考えよう

さすがに、妖怪ウォッチは卒業したな。という十代の子供たちにはぜひ『出島』『長崎平和公園』『長崎原爆資料館』の三つを回っていただきたいです。
出島と長崎平和は電車でやく30分、車なら15分程度の道のりですので、一日で回ることは十分に可能です。

出島とは

a0003_001337

出島は言わずもがな、鎖国時代の日本で唯一外国に開かれていた町です。国指定史跡である出島和蘭商館跡を見学することができます。
また、東側ゲートから入場すれば明治から幕末、そして江戸時代へと時代をさかのぼるかの様な体験ができます。
入場には大人510円、高校生200円、小中学生100円がかかります。また、季節によって開門時間が異なるため事前の確認が必要です。

『長崎平和公園』と『長崎原爆資料館』

a0003_000064

『長崎平和公園』と『長崎原爆資料館』は徒歩圏内ではありますが、『平和の像』と『原爆資料館』は方向が違うので注意が必要です。
宿の位置により、どちらを先に回るか考えておく必要があります。
『平和公園』については出入り自由ですが、明るいうちに行き『平和の泉』なども見てくださるとうれしいです。
また『原爆資料館』は開館時間は8:00~20:00(入館は19:30まで)で、入館に大人200円、小中学生が100円かかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。