2015高校野球 都道府県予選までも気になるのでチェックしたい場合は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

選抜高校野球大会が閉会し、次に注目は8月から甲子園球場で開会する全国高校野球選手権大会でしょう。

故郷の高校がどこが出場するのか、自分の出身校は出場できるのか、ゆかりのある土地の高校はどこが出場するんだろう…野球に興味のない人も、なんとなく気になるのが甲子園です。

地方予選を勝ち進み、出場校が決まるまでについて調べてみました。

8月6日開会

092364

全国高校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園は、8月6日開会と決定しています。

この夏の甲子園には全国から49校の高校が出場します。この出場校を決めるのが、「都道府県大会(地方予選会)」です。

第97回大会関連の日程をまとめてみると、

地方予選:6月下旬~7月下旬

甲子園大会抽選会:8月3日

甲子園大会開会式:8月6日

甲子園大会閉会式:8月21日

以上のようになります。

今年は2015年8月28日から9月6日まで、18U野球ワールドカップが開催されるため球場として甲子園球場も使用されるため、例年より甲子園大会の開幕が繰り上げられたということです。

都道府県大会(地方予選大会)の抽選会

lottery-146318_640

都道府県での地方予選大会でも、まずは大会の組み合わせを決定するため抽選会を行います。

参加校が多い神奈川や、開会が早い沖縄では、それぞれ6月6日、6月9日、と他の地域よりも早めに開催されます。

一般的には六月中旬から七月上旬に開催されます。

地方予選大会開会日

calendar-563349_640

各都道府県によってまちまちです。地域によって、気候なども考慮して日程を決めています。

沖縄などは梅雨の影響も考慮して六月下旬、その他の地域では7月上旬の開会が多いようです。各地で熱戦が繰り広げられ、8月頭に代表校49校が決まる見通しです。

全国の高校野球のニュースはこちらから検索できます。

各都道府県でのニュースを一気に検索できるので重宝します。

高校野球の総合サイト

全国高等学校野球選手権大会とは

084538

そもそも、全国高等学校野球選手権大会とは、朝日新聞社と日本高等学校野球連盟の主催で、毎年8月に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球大会です。

代表校は地方大会で決まります。これが先に述べた都道府県大会です。

これは、夏の甲子園の予選のように扱われますが、独立した大会です。

北海道が北北海道と南北海道で二つに分けた二校、東京都は東東京、西東京で二つに分けた二校となり、合計で49校となります。

トーナメント方式

夏の甲子園も都道府県大会でも、1敗も許されないトーナメント方式です。

大会をかつ抜くことは毎年大変厳しいとされています。

全国の参加校は約4000校前後あります。

083856

光る汗に白球を追いかける高校球児の姿にエールを送り、今年の夏は、ぜひ地方大会からチェックして、故郷の応援をしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。